最新記事一覧

不要書類の処分

システム

業者利用とその準備

企業内においては、数多くの機密文書があり、その処理に困るケースもある。これらの機密文書については、取り扱いを誤ることで機密情報の流出に繋がり、社会的な問題に発展する可能性もある。その為、多くの企業では細心の注意を払いながら処理を行うケースが一般的である。特に最近では、個人情報流出などにより社会的に大きな注目を集め、イメージ低下などの大打撃を受けるケースも多々ある。これらの機密文書処理を行う場合には、専門業者に委託し回収および処理してもらうことが手段の1つとしてある。機密文書の処理業者では、事前に申し込みを行うことで、申し込み時もしくは定期的に収集してもらうことができる。大きな企業などで随時不要な資料が出る場合には、毎週1回など定期的に収集してもらうことが最適である。通常は、機密文書を入れる専用のボックスをオフィスなどに配置しておき、収集業者はそのまま回収していく。この際、業者は箱の中を開けることなく、そのまま溶解処理などが行われることが多い。また、業者によっては機密書類の宅配業者に依頼し、処理業者に送ることで処理してもらうサービスもある。機密文書の処理業者へはインターネットなどを活用し申し込めるケースも増えており、利便性が高くなっている。但し、企業の機密資料を預けることになるため、業者の信頼性などは十分に確認した上で申し込むことが重要である。その為には、事前に業者のリサーチが必要になる。

Copyright© 2017 社内にある機密文書の処理には業者を利用しよう【情報漏洩を防ぐ】 All Rights Reserved.