最新記事一覧

文書廃棄に困ったら

PC操作

安全な廃棄方法を考える

中堅以上の規模の企業では、文書廃棄の問題は切実です。会社の経営に関わること、技術やサービスに係る情報が、社外へ流出しない様それなりの工夫が求められるためです。文書廃棄の期日については、毎年のように訪れます。日々の日報や商品企画、毎日のように作成される文書は膨大な数となり、保管年数を決めておかないと収集が付かない状態となるためです。最近では文書の電子化も進み、ペーパーレスの動きも見えるようになりました。が、しかし、会社の上層部へ向けて発信する文書は、まだ紙ベースのものが主流です。毎日のように溜まっていく文書は、機密文書とは別物ですが、情報が漏れないように廃棄処理することが必要です。その方法の一つとして、シュレッダー処理がありますが、文書の量が多ければ、とても対応できるものではありません。おまけに多くの文書は、ホチキス止めされていたり、ファイルに閉じられています。それらを外してシュレッダーにかけるのは一苦労です。その点、機密文書処理の専門業者に委託すれば、そのような煩わしさは一切ありません。文書に付いている金具やファイルごと引き取ってくれます。そして、引き取った文書は、その場で専用の段ボール箱に入れて封印をしてくれます。封印された書類は、再び開封されることなく、翌日には溶解処理が施されます。機密文書を含む全部の文書が判読できない状態になるので、最も安全な廃棄方法でもあるのです。機密文書などの処理に困ったら、この手の業者に依頼することがお勧めです。

Copyright© 2017 社内にある機密文書の処理には業者を利用しよう【情報漏洩を防ぐ】 All Rights Reserved.