最新記事一覧

文書を確実に廃棄する

女性

スピーディーな業者を選ぶ

今、多くの企業で文書管理の必要性が高まっています。これまで機密文書以外の社内文書の扱いを明示した企業は少数でした。しかし、年を追うごとに、文書に関する制限事項も増えています。一般文書であっても、社外流出で情報が洩れる危険性が高まっているためです。安全性を高めるために、文書の電子化も進められていますが、当分は電子化された文書と紙ベースの文書が混在することになります。機密文書の多くは、紙ベースで保存されることも多く、廃棄処理の際にはそれなりの注意が必要となります。廃棄する文書の量が少なければ、シュレッダー処理や塗りつぶしも可能です。しかし、大量の廃棄処理の場合はそれも適いません。廃棄する機密文書の量が多い場合は、専門の処理業者に委託することが賢明です。そして、より良い業者を選ぶ着眼点は、スピーディーな仕事をしてくれるかどうかです。優良な業者は、機密文書を引き取る際に梱包、封印をしてくれます。そして、翌日には溶解処理に回されます。そのような迅速な仕事をしてくれる業者を選べば、間違いのない仕事をしてくれます。預かった書類を一定期間保管するような業者は避けた方が無難でしょう。封印してあると言っても、機密性の高い文書が社外にあることは考え物です。機密文書の処理は素早く行うが鉄則です。優良な業者は、文書処理を終了した時点で、証明書も発行してくれます。ここまで実施してくれる業者であれば、充分信用できます。

Copyright© 2017 社内にある機密文書の処理には業者を利用しよう【情報漏洩を防ぐ】 All Rights Reserved.