最新記事一覧

システム

不要書類の処分

機密文書を処理する場合には、専門業者に依頼して処分するケースが多い。オフィスなどに専用のボックスを設置しておき、業者が回収してくれるサービスが多い。依頼時の回収や定期的な回収など、資料の量によりサービスを選ぶと良い。

詳しく見る

男女

確実な処分が必要

機密文書の処理を依頼する際の相場は、様々なケースがあるので一概には言えませんが、およそ10万円程度が相場です。機密性の高い重要な文書を処理する場合には、それ以上の費用が必要になることもあるので、しっかりと費用をチェックしましょう。

詳しく見る

PC操作

文書廃棄に困ったら

文書廃棄処理は、会社にとって大きな問題です。毎年大量の文書が廃棄される現場では、情報の流出を防ぐことが課題になります。そのような時は、機密文書処理の専門業者に委託することがお勧めです。文書の引き取りの時は専用の箱に封印して、翌日には溶解処理が回されるので、安全な文書廃棄に繋がります。

詳しく見る

システム

機密保持のために

情報漏洩は会社の信用問題や賠償責任にも繋がるため、厳重に機密情報を管理していることだろう。機密文書が最終処理されるまで、同様に機密が保持されているだろうか。機密文書と雖も古紙である以上、資源である。折角資源として再利用するのであれば、輸送経路含めグリーン化を計画する方が好ましいのではないだろうか。

詳しく見る

文書を適切に処分する

女性

専門業者に依頼するには

会社ではさまざまな書類が作成されますが、その中には機密文書も存在します。機密文書は他者に知られてはいけない文書であり適切に処理することが重要です。一般的に文章の処理としてはシュレーダーが使われますが、これも大量の文書となると効率的な方法とはいえません。特に機密文書でも長期間の保存をする必要のものでは一度に大量の文書を廃棄するといったことになります。このような場合には専門の業者に依頼して処理をすることになります。機密文書の処理を行っている専門の業者は多くありますが、選ぶさいにはその品質やコストがポイントになります。種類としては出張シュレーダー、溶解処理、専門工場破砕、焼却処理などがあります。出張シュレーダーでは大型シュレーダーを搭載したトラックで会社まで赴き、そこで効率よく処理してくれます。メリットとしては、最後まで処理するのを見届けることができるということで、専門の工場まで送る必要がなく途中で紛失するリスクもありません。一方で溶解は大量の文章を開封しないまま処分することができますが、薬剤を使うので費用が高めです。破砕や焼却は通常の方法で処分するのとかわらないため費用は安く抑えることができますが紛失のリスクがあります。基本的に機密文書の処理では溶剤を使った方法が一般的で、特に段ボール箱ごと処分することができるので、機密文書を効率的に処理することができ、また溶けた紙の繊維を使ってリサイクル紙の原材料とすることも出来て環境に優しい方法です。

Copyright© 2017 社内にある機密文書の処理には業者を利用しよう【情報漏洩を防ぐ】 All Rights Reserved.